【グラブル】終末の神器 実装により、95hellオート編成が今後増えるという話 〜風有利古戦場を終えて〜

2019年4月24日

スポンサーリンク

Q. なぜ95hellオート編成が開拓されてるの?
A. 17
時間拘束されたくないからじゃないですかね。

身も蓋も無い事はさておき、風有利古戦場おつかれ様でした。ここ一年、稀に見る魔境だったのではないでしょうか。

私の結果は、35000位とは行きませんでしたが、70000位以内に入ることは出来ました。(ちなみにアンチラもグリームニルもテトラストリーマも持ってないです)

さて、私は今回の風有利古戦場に向けて、「〇〇切り」ではなく、「95hellオートの安定」を第一に準備してきました。

理由は単純、「早く走れないなら楽に走れる道を作ろう」。その一心で詰めてきましたり

その準備と、実践の成果はこちらに出ています。

【グラブル】風有利古戦場 120000位もこれで安定! 90、95hellオート周回編成 ティア銃編成の成功例も 【風マグナ】

個人的には満足した出来で、3本はもちろん、ティア銃編成でも成功を収めることができたのは、我ながら誇らしく思っています。

実際、家事をしながら95hellオートでダラーっと走りましたが70000位以内に着地出来た訳ですし、そういう意味でも事前に準備した意義はあったと実感しています。
(※完全にサボっていた訳ではなく、団の救援にちゃんと入る時間もありました)

そんな研究の最中、色々な方のオート編成を参考にさせていただきました。

そして、研究を進めながら思いました。

「オート編成の情報、最近増えてきてない……?」

小さな予感を感じる中、颯爽と飛びこんできた終末の神器。スキルは神威大。

早速95hellオート編成に組み込んで、その性能を体感し、確信しました。

「あ、これオート一気に楽になるわ……

そう、終末の神器がもたらすのは、世界の終末ではなく、グラブルにおける、心の平穏なのだと。

95hellオート研究が醸成するまで

先述しましたが、95オートは、最近になってじわじわと注目されてきてるように思います。時速と相反するため、表立ってはいませんが。

私が初めて観測したのは、前々回である闇有利古戦場。

ツイッターを検索すると、95オート編成のツイートはちらほら見られました。しかし、闇編成の場合、オートの編成例がパラゾ持ちやグラシ積みハデスと敷居が高く、この時はさほど注目されていません。

次に、光有利古戦場。

闇有利と打って変わり、多くの編成例がアップされました。
シュバ剣でHPと火力を両立しやすいこと、後衛に置くと防御力を上昇してくれる「猫」の実装が大きな要因でしょう。ゼウスは勿論、シュバ剣染めのマグナ編成でも成功例が上がっていました。

そして、今回の風有利古戦場。

火力は十分なものの、HPに不安は残る風マグナ。それを一気に解決するコッコロのオーロラがキーとなり、成功例は続出しました。

これらの情報を統計して、95オートクリア装備の目安となったのは、大体この2つ。

①バフデバフを入れれば減衰並みの火力が出せる
HPが平均20000超えしている

コッコロのように、キャラの奥義効果なども大きく関わってきますが、基本的にはこのレベルと見ていいでしょう。

そして、上記2点から分かる通り、マグナⅡ、あるいは神石編成完成並みのステータスが要求されています。

前年度でこのラインを達成するのは非常に難しく、狭き門でした。
しかし、1年もあれば、大きな変化があります。

マグナⅡ実装から1年。5周年アプデによる武器のドロップも緩和もあり、最前線の騎空士は古戦場毎にマグナⅡを完成させています。

古戦場ボスの特殊技次第ではありますが、95オートが可能なユーザーは確実に増えていくでしょう。

加えて、そこに飛び込んだ終末武器。これにより、火力・HPを両立させることが一気に容易になったのです。

(以下、実際のHP差。一枚目は終末神器あり。2枚目はティア銃に差し替え)

終末武器 風 マグナ 両面 終末武器 風 マグナ

主人公に至っては10000以上、仲間も8000近く変動してることが分かりますね。それでいて、火力を落とさないというのもミソです。

研究してみてわかりましたが、神威武器無しでマグナで95hellオートを行うのは正直キツイです。そこに、神威武器が全属性に実装されたのです。

多くのユーザーが、95hellオート可能ラインまで引き上げられる土壌が作られたことになります。

実際、この風古戦場のオート編成は、終末武器を入れるだけで一気に楽になりました。今回は両面マグナでしたが、片面でも充分に有力でしょう。ダメージ上限上昇も付いてるんだから尚更です。

古戦場ボスの特殊技次第ではありますが、もしかしたら4凸ユグ剣+終末神器編成でも、95hellオートは可能になるかもしれません。

95hellオートの発展がもたらすもの

9095オートのメリットで考えられるのは大きく分けて2つ。

①本来貼り付けないスキマ時間でも、貢献度が稼げるようになる
②逆に、張り付くのをやめて、オート時間に他の作業に着手できる

この辺りではないでしょうか。

まず①のメリットについて。

95オートの編成は、検索する限り、主に35000位~70000位を狙う上位陣から発見されていました。

①のメリットが、ランキングに結びつくことを知っていたからでしょう。

上位陣から、というのも、マグナⅡや神石編成を完成させているという意味で結びつきます。

1日に隙間時間として95オートを5回割り当てたとして、全日通せば95hell20体分を水増しできます。

実貢献度にして、約1800万の貢献度を、張り付かずに獲得出来るのです。

(勿論、90オートでも全然貢献度の積み重ねはできます。それで20003000万くらい1日で稼いでる例もあります)

本題の②。

私としては、もっと開拓されて欲しいと思っています。

嫌という程ご存知でしょうが、古戦場はひたすらに拘束されるイベントです。

どのランク帯に入るかにもよりますが、ランカーを狙うなら、朝の時間、帰宅後の時間はどうしても奪われていくでしょう。ボーダーも上がっていく一方ですし、付いていけなくてグラブルから離れる方も多いです。

そんな問題を解決してくれるのが、オート編成なのです。

時速が落ちるデメリットはありますが、確実に稼ぐことができますし、何より心の逃げ先があると無いとではまるで話が違います。

私はオート編成を確立してから、ダラーっとオート放置しながら、夕飯作ったりバンドリとかしてました。とても精神衛生に良い。

まとめ

という訳で、95オートの研究が発展していくのは良いことなんじゃないか? という話でした。

序文に乗せた、オート編成記事でも述べていますが、時速を徹底的に意識するのは、上位ランカーの人たちの理論です。
無理なく古戦場を走る手段を見つけるのは、全然悪いことでは無いと思います。
私は最前線である魔法戦士パーツを何一つ持っていませんでしたが、魔境だった今回の古戦場で70000位に入れたのは、正直上々だと思ってます。

次回土有利古戦場に向けても、またオート研究を進め、更新次第ブログに上げようと思っています。

甘え? 知るかバカ! 楽して貢献度稼いで何が悪い!

スポンサーリンク