【ゲーム音楽】みんなで決める2018年の新曲ランキングベスト100の上位陣を解説していく【名作】

2019年5月25日

スポンサーリンク

モモノです。今回のテーマは、ゲーム音楽についてです。
私は三度の飯よりゲーム音楽好きで、サウンドトラックを定期的に買ってはウォークマンに入れ、日々の潤いとしています。
そんなゲーム音楽好きが集まる場所として、こんなサイトがあります。
 
みんなで決めるゲーム音楽ベスト100まとめwiki
https://www21.atwiki.jp/gamemusicbest100/
 
今回は、2018年発売のゲーム部門で注目されたゲームを中心に、紹介していこうと思います。

大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL

みんなご存知スマブラ。

一人用モード「灯火の星」のPVが強烈なインパクトで話題を呼びました。

胸に直接響くような切なさと、力強さが特徴的です。発売前、このPVに不思議と引き込まれた人も多いのではないでしょうか?

ほかにも灯火の星のボス戦BGM「キーラ」や、「戦闘! 伝承者ヒガナ」のアレンジBGMなど、オリジナル・アレンジ共に高い評価を得ています。

ただし、一つ問題が……。

このスマブラSP、サントラが発売されません。

そこは歴代から続く大人の事情など色々あるのですが、今作においては、サウンドテストをスリープ中でも聞けるようにするなどの代案を取っています

つまり、曲だけでも楽しみたい人も、スマブラ買おうな!

オクトパストラベラー/「ボスバトル2」:3位

懐かしいドット絵と美麗な背景グラフィックが特徴的で、古き良さと新しさが入り混じった王道RPG。

人を救う旅をする薬師、復讐の炎に燃える踊り子……8人の主人公たちそれぞれの物語はどれも方向性が異なり、しかし確実に読み手の心を掴んできます。

このゲームの音楽で特徴的なのは、戦闘・フィールドBGM共に良曲揃いな点です。

オーケストラ音楽による勇壮な戦闘曲はもちろん、旅の景色に溶け込むような表情豊かな音色も、冒険を飽きさせない一因です。

ランクインした「ボスバトル2」は、主人公の困難や巨悪にいざ立ち向かうタイミングで流れるようにできており、主人公の「絶対に負けない」という気持ちとリンクさせてくれます。

 

星のカービィ スターアライズ/ 組曲:星羅征く旅人 最終楽章:煌めき星 4位

デデデ、メタナイト、マルク、マホロアなど歴代キャラが勢ぞろいで、まさにシリーズの集大成と呼ぶべき作品になっています。

ランクインした「組曲:星羅征く旅人 最終楽章:煌めき星」はまさに集大成の象徴。カービィの代表曲、グリーングリーンズのアレンジを交えたオーケストラ曲で、圧倒的ボリュームがあります。

ラスボス曲が凄いだけで収まらないのがカービィの凄いところ。
今作のサウンドトラックはなんと前代未聞の6枚組。

64曲「ゼロツー戦」や、カービィWiiの「CROWNED」など、歴代作品の名曲アレンジをこれでもかと積み込んでおり、このディスク数になっています。

下記の試聴動画を聴くと分かりますが、カービィに長く触れてきた人ならまず買って損はないサウンドトラックであると言えるでしょう。

まとめ

いかがでしょうか?

名作と呼ばれるゲームは、シナリオやゲーム性が評価されるのはもちろんですが、それを引き立てる音楽もまた、名作たる一因となっているのです。

一方で、2位にランクインしてる「ゼノブレイド2~黄金の国イーラ~」の通常戦闘曲のように、一つの曲が突き抜けて評価されてたりもします。

https://www.youtube.com/watch?v=LeseBVjjbCo
(通常戦闘曲が流れるのは1:15から)

そういった、新たな発見、新たな音楽の楽しみ方を見つけられるのが、この「みんなで決めるゲーム音楽100」だと思います。

ここまで読んでくれたあなたも、好きなゲーム音楽があったら、wikiのページに目を通してみたり、良かったら投票してみてくださいね。

スポンサーリンク